KAYAのつぶやき

HOME» KAYAのつぶやき »コンビニとお家にあるもの無添加コラボおやつ✨ 米粉の青汁のバナナチョコミルクレープ✨【バナナのすごい効果】[KAYA]

KAYAのつぶやき

コンビニとお家にあるもの無添加コラボおやつ✨ 米粉の青汁のバナナチョコミルクレープ✨【バナナのすごい効果】[KAYA]

困った時のコンビニとお家にあるもの無添加コラボおやつ✨
米粉の青汁のバナナチョコミルクレープ✨



生地には、米粉と、普段は豆乳を使用しますがコンビニの豆乳は添加物入ってるので仕方なく無調整牛乳♪

青汁粉末をこっそり仕込み、お家の、平飼い卵で緑色の生地を笑✨

焼く時は、オリーブオイルを使用✨
 


 

我が家は絶対マーガリンじゃなく、北海道バターを使用✨
(KAYAメソッド®マーガリン撲滅委員会会長笑)

バナナにはとっても栄養があるので、バナナは必需品✨
チョコレートはお家のローチョコレートを♡

(※ローチョコレートおすすめ記事はこちらから)

クリームにはお砂糖ではなくオリゴ糖を少しだけ✨

その3つを間に挟んでいきます✨

最後にお砂糖入っていないので、生蜂蜜をたっぷりかけて


完成( ^ω^ )✨


美味しいの顔頂きました♡

これが、KAYA流コンビニおやつでも添加物を少しでも控えたいおやつです!笑✨
 


バナナの栄養素✨

栄養素が高い食品として有名なバナナ。

バナナが持っている嬉しい効能についてご紹介します✨


バナナの効能① むくみ予防


バナナに含まれているカリウムには、体内にある余分な水分を排出する機能があります。そのため、バナナを食べることで足や顔のむくみを予防することができます。

また、カリウムには脂肪燃焼効果もあることから、バナナにはダイエット効果もあると言われています。


バナナの効能② 便秘解消


バナナには食物繊維が多く含まれています。食物繊維には腸内の環境を整える効果があるため、バナナには便秘解消の効果も期待できます。

食物繊維は様々な野菜や果物に含まれていますが、特にバナナは果物の中でも食物繊維が豊富なので、便秘解消を目指す方におすすめです。

バナナに含まれる食物繊維には水溶性、不溶性と2種類あります。異なった働きを持つこの2種類の食物繊維の働きにより、高い整腸効果を得ることができるのです。

日々の食事で野菜が不足していると感じられる方は、バナナを食べることで食物繊維不足の解消につなげることができます。

またバナナには、食物繊維以外にもレジスタントスターチという腸内環境を整える効果を持った栄養素が含まれています。

レジスタントスターチは消化されにくいという特徴を持っており、大腸まで届くと、大腸内の善玉菌により酢酸、酪酸、プロピオン酸など、腸内を弱酸性に保ちやすい成分に変化します。

これにより悪玉菌の増殖を防ぎ、腸内環境を整えてくれるのです。


バナナの効能③ 代謝を向上させる


バナナには、糖質や脂質の代謝アップを促してくれるビタミンB群が豊富に含まれています。

ビタミンB群には、体内の糖質を効果的に燃やし、エネルギーに変化させる効果があります。

このビタミンB群の働きによって、バナナに含まれる糖質をすぐにエネルギーに変えることができるので、バナナは運動前に食べると良いと言われているのです。


バナナの効能④ コレステロール値を下げる


バナナにはペクチンという栄養素が含まれています。ペクチンは食物繊維の一種で、コレステロール値を下げる効果を持った栄養素です。

またコレステロール値を下げること以外にも、血糖値の上昇抑制、疲労回復などの効果があり、太りやすい体質の改善にもつながります♪


大人も子供も嬉しいバナナ効果ですね✨



▼美味しくて体に良い おやつを食べた後は、椅子でできる体に良いストレッチを♪

2019/05/20

KAYAのつぶやき

写真や動画でKAYAスタジオを
より知りたい方はこちら↓

Instagram youtube Facebook



 

友だち追加