トレーナーズ ブログ

HOME» トレーナーズ ブログ »『下半身太りを防ごう!!股関節を開くポーズの中での身体の意識』【ヨガ】

トレーナーズ ブログ

『下半身太りを防ごう!!股関節を開くポーズの中での身体の意識』【ヨガ】

こんにちは!KAYAスタジオ眠れるヨガクラス担当の、今田直樹です!


投稿まで少し時間が空きましたが、
前回の続きの『股関節を開くポーズの中での身体の意識』について!を紹介していこうかと思います!

↑このポーズ右足は横向き、左足は画面手前向きに、力強く踏みしめている形。
でも、力任せに踏み込んでいると、外腿の筋肉が発達してしまい、固い筋肉と脂肪が合わさって、ボディーライン的には腰回りの肉が取れない形に。
 


そんな時大事なのが、KAYAメソッドエネルギーの流れ!
メソッド資格コースを受講されてる方は既にご存じかとおもいますが、
股関節から太股にかけてはエネルギーの流れは外旋です。
しかし骨盤からVラインにかけては内旋で下丹田(ムーラバンタ)を引き上げる必要があります!
 

ヨガ

合わせて、若干右足の踵を床に押し返すような力も加えてあげると、内腿・裏腿も使えて、より効果的。

この骨盤回りを絞ったり内側の筋肉を使えていないと、図2のような骨盤太りに繋がりかねません。

せっかく動いてるのに効果が微妙…というと悲しいですよね。

機能的な身体の使い方でより効果的に、
どのジャンルの運動にも、KAYAメソッドは効果的!

皆さんもKAYAメソッドで、思い通りの効果をレッスンで手にいれてみませんか?(^_^)


 無料カウンセリング・体験レッスンはこちらから



直樹先生のヨガワンポイント動画↓

2018/11/13

トレーナーズ ブログ

写真や動画でKAYAスタジオを
より知りたい方はこちら↓

Instagram youtube Facebook



 

友だち追加