KAYAスタジオとは

HOME» KAYAスタジオとは »KAYAスタジオ 代表挨拶

KAYAスタジオとは

KAYAスタジオ 代表挨拶

作間草KAYAスタジオのサイトをご覧いただきありがとうございます。
代表の作間草と申します。

私はスケートが盛んな北海道帯広市という町に生まれ、幼い頃からフィギュアスケートジュニア選手として練習に励んでいました。上級になるにつれてクラシックバレエとの両立が必要になり、いつしかスケートのために始めたクラシックバレエに魅了されていたのです。踊る事一筋に生きることを決めた私は札幌舞踊会で研鑽を積み、その後クラシックバレエだけではなく、コンテンポラリーダンス、社交ダンス、ミュージカル、ショーなど、様々な舞台で活動の場を広げてまいりました。

ダンサーとして様々な舞台に立たせていただき、またその都度多くのプロフェッショナルの方々とお仕事をさせていただいた経験を、次の世代のダンサーやアスリートのために活かせないかという思いで
2010年にこのKAYAスタジオを開設しました。


作間草現役プロダンサーそして教えるという立場につき22年が経ちます。
その中で私自身も苦しい時期がありました。
たとえプロであっても、外側の形やムーブメントばかりに意識が偏ると、骨の形状やエネルギーの方向性といった「内側からのつながり」を無視することになり、「身体と心」の可能性を狭めてしまうのです。

私は22年間の中で身体の理念を学び、「身体と心」の関係性に気づくことができました。そして、人間の身体に点在するエネルギーのポイントを押さえ、「身体と心」の神経回路をつなげ、身体の“絶対身体感覚”を呼び覚ます"KAYAメソッド®︎"を考えました。

「身体と心」のつながりは

“メンテナンス”  “インプット”  “アウトプット”

という3つのバランスが整ってこそ完成すると考えております。

自分の「身体と心」の両方と本当の意味で向き合うことで、リバウンドや怪我や精神のバランスが崩れる予防になります。
またそれ以上に身体の基礎能力が上がり、パフォーマンス力が最大限に引き上がります。
 

作間草当スタジオでは、背骨や関節の可動域を広げることを目的とした"KAYAメソッド®︎"を全てのクラスに組み込んでいます。音楽・アロマ・呼吸・瞑想を取り入れたムーブメントによって、「身体と心」の両方のバランスを整えていきます。

"KAYAメソッド®︎"のトレーニングは、外面的な美しさよりも、内面から鍛えていくことを重視していますが、それによって身体により美しい動きや表現力が養われます。

現在、様々なジャンルのダンサーやアスリートのお客様にスタジオをご利用いただいておりますが、お客様のほとんどの方が「自分のパフォーマンス力が上がっていることを感じる!」とご好評いただいております。

別名『精神と時の部屋』などと呼ばれるようになりましたが「身体と心」の世界を吸収する事ができる体感型スタジオへ足を踏み入れては、いかがでしょうか。


KAYAスタジオとはアクセスマップ