メニュー

HOME» メニュー »KAYAメソッド®︎内蔵呼吸バランス

メニュー

KAYAメソッド®︎内蔵呼吸バランス

本当の呼吸で 本当の自分
KAYAメソッド®︎での呼吸の役割

 

何があっても、どこにいても自分でニュートラルな身体に戻せることが、心身ともに健康であり向上していくための1番のカギとなります。ここに気づかず滞りを無視した状態で先に進んだとしても、心も身体も、やがて壁にぶつかってしまいます。
身体能力的にも、最大限に引き上げようと思ったら、必ずニュートラルな身体にする事が不可欠です。KAYAメソッド®︎呼吸では、身体をニュートラルなポジションに導き、身体のエネルギーの流れを正しい方向へ整えます。


 

KAYAメソッド®︎内臓呼吸バランスの効果
 

KAYAメソッド®︎内臓呼吸バランスの呼吸法を覚えると、呼吸により己の状態を内観し、ニュートラルな身体のポジションを知る事が出来るようになります。それによりセルフケアやボディメイクが可能になるため、末長く活躍し続けるためのトレーニングとして、プロダンサーやアスリート、モデルなど、身体表現者などの幅広い分野から支持されています。
呼吸は全身運動のため、呼吸で全身を連動させる身体操作(美しい所作)ができるようになります。また、呼吸で身体操作ができるようになれば、 自律神経が乱れない身体になり、メンタル面も強くなります。



 

KAYAメソッド®︎内臓呼吸バランスでは、身体と心のバランスを大切にしています

 
現代社会はストレスにさらされることが多く、気付かないうちに身体と心のバランスが崩れ、呼吸が浅くなってしまいます。
呼吸に使われる筋肉は主に体幹の内側にあり、上手く働かなくなると体幹のバランスを崩し、頭痛、ストレートネック、肩こり、腰痛等を引き起こす要因となってしまいます。また、内臓にも影響し、免疫力の低下、新陳代謝の低下、メタボリックシンドロームも引き起こす要因となってしまいます。呼吸が浅いと自律神経がアンバランスになり、うつ病やさまざまな疾患を引き起こす要因となってしまいます。

『KAYAメソッド®︎内臓呼吸バランス』では、一つ一つの呼吸を大切にし、呼吸に使われる筋肉を活発に働きやすくしていき、体幹の内側の運動能力を上げ、体幹、そして、全身のバランスを整え、深い呼吸ができるようになることにより、自律神経のバランスも整え、皆さまの生きるエネルギーをワクワクさせていきます。


 
内蔵呼吸バランスを体験された方の声

 
  • 冬なのに、体が温かく感じるのがスゴいです。

  • 脚の痛みが無くなりました。

  • 美容師という職業もあってか、手が痺れるほどに左肩の痛みがあったのですが、左肩がとっても楽になりました。普段の自分の癖に気づけたので、意識して気を付けることができるようになりました。

  • 疲れて、重心がすごく落ちてたのに気付きました。

  • 寝つきが良くなりました

  • いびきをかかなくなったと言われました。

  • お腹を下すことに悩まされてましたが、下さなくなったのでびっくりです。

  • 生理不順が改善されました。

  • 身体の浮腫みがすっきりし、浮腫みにくくなりました。

  • O脚だった脚が、真っ直ぐすっきりしました。

  • 身体が浮いているみたいに軽くなりました。

  • 首がすっきりし、長くなりました。

  • 頭痛持ちでしたが、頭痛がでにくくなりました。

  • 野球をやっているのですが、連投しても疲れにくくなりました。

  • ジョギングが趣味なのですが、以前よりも楽に心地よく走れるようになりました。

  • 鼻呼吸ができるようになったことにびっくりです。

  • 首のシワがなくなったと言われました。

     


普段何気なく行っている呼吸。

だからこそ大事にしたい。

良い姿勢、心の持ち方により良い呼吸はうまれる。
姿勢を作るのは主に呼吸に関係している筋肉が大事。筋肉は骨と骨を繋いでいるので、呼吸に関係している筋肉を動かしていくことにより、骨と身を調体していく。
体が整えば心も落ち着いてきて良い呼吸はうまれてくる。


 

2018/12/11